Khmel: 蓮花の女神-2

来週4月17日(日)の大江戸骨董市(有楽町・東京国際フォーラム)9:00~16:00へ出店予定です。
*明日4月11日はブログ開設5年になります。この節目に5周年記念として、4月17日の大江戸骨董市にいらっしゃった方に全品3割引きでお分けいたします。その際、「ブログを見た」とおっしゃってください。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
先日ブログで紹介した「蓮花の女神」と対になる作品です。蓮花の上に片膝を立てて乗るこの女神はラクシュミー(ヴィシュヌの神妃)と思われます。2枚の葉をつけた大輪の蓮花と、上に乗った女神は合子としての入れ物となっている。このような容器は珍しく何を入れたのもなのか、高価な香料などを入れたのでしょうか。バイヨン様式の特徴をもった愛らしい作品です。蓮の茎の先を破損している。

青銅蓮花上の女神像 クメール バイヨン期 12世紀後半-13世紀前半
高:15cm 総長:17cm 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック