テーマ:肖形

Khmer: 短足の象

明日1月21日(日)は大江戸骨董市(有楽町・東京国際フォーラム)9:00~16:00へ出店予定です。出店場所は「A 11-01」です。 今回は古唐津茶碗や盃、桃山期の黄瀬戸盃等も出品いたします。 下記の作品は以前紹介したものですが、今回出品致します。 愛嬌のある顔はシンプルだけど耳や目、鼻など顔の造作はしっかりとしている。足は短い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Khmer: 高台の象

本日1月12日(金)~14日(日)の10:00~17:00まで「骨董ジャンボリー」東京ビッグサイトに出店しています。本日12日(金)はアーリーバイヤーズデーです。出店場所は、ブース番号「D17b」です。 下記の作品は以前ブログで紹介したものですが、今回出品します。 丸壺の上に簡略化した顔や尻尾などの貼花文を施し、はっきりとした刻線文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Khmer: 端正な象

明日1月7日(日)は大江戸骨董市(有楽町・東京国際フォーラム)9:00~16:00へ出店予定です。出店場所は東京駅寄りの「A 01-02」です。 下記の作品は以前紹介したものですが、今回出品致します。 新年最初のブログです。今年もよろしくお願いいたします。 端正な形姿をしており、作行は隅々までていねいに行き届いているが、耳や目なj…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Khmel: 自然釉のうさぎ

明日3月3日(水)~5日(金)まで「平和島骨董まつり」(本日3月2日12:00からはディーラータイムで有料です)に出店いたします。出店場所はいつものブース番号「D75b」です。 以前紹介しました下記の作品は、今回出品いたします。 焼締のこのウサギは施釉陶のものとは表現があまりにも差異が感じられ、産地や年代的にも違いがあると思われます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Thailand: アユタヤのビーナス

今日3月6日(金)~8日(日)の10:00~17:00まで「平和島骨董まつり」に出店しています。出店場所は前回と同じ処で、ブース番号「D75b」です。 下記の作品は今回出品します。 腰をくねらせ、横座りしている色っぽい女性。型を使って取り出した二つを張り合わせている。膨らんだ胸にさらに強調するために手捻りのオッパイを取り付けてい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Khmel: 象 -③

来週1/18(日)の大江戸骨董市(有楽町・東京国際フォーラム)は休みます。 今日1月11日(日)の10:00~17:00まで「骨董ジャンボリー」東京ビッグサイトに出店しています。出店場所、ブース番号「F02a」。 下記の作品は以前ブログで紹介したものですが、今回出品しています。 作行は隅々までていねいに行き届いているが、耳や目なj…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Khmel: 象 -①

今日1月10日(土)~11日(日)の10:00~17:00まで「骨董ジャンボリー」東京ビッグサイトに出店しています。出店場所、ブース番号「F02a」。 下記の作品は以前ブログで紹介したものですが、今回出品します。 きょうからクメールの肖形陶を紹介していきます。動物意匠のクメール陶は数多くありますが、やはり代表的なものとしては“象”で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Khmel: 太目の犬

明日の大江戸骨董市(有楽町・東京国際フォーラム)は休みます。 1月10日(土)~11日(日)の10:00~17:00まで「骨董ジャンボリー」東京ビッグサイトに出店予定です。9日(金)はアーリーバイヤーズデーです。出店場所は、ブース番号「F02a」です。 下記の作品は以前ブログで紹介したものですが、今回出品します。 鉄分の多い素地の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Thailand: 妙にリアリティのある亀

明けましておめでとうございます。 今年も、よろしくお願いいたします。 1月10日(土)~11日(日)の10:00~17:00まで「骨董ジャンボリー」東京ビッグサイトに出店予定です。9日(金)はアーリーバイヤーズデーです。出店場所は、ブース番号「F02a」です。 下記の作品は以前ブログで紹介したものですが、今回出品します。 手慣れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Thailand: プーパッポンカリー

来週12月7日(日)の9:00~16:00まで大江戸骨董市(有楽町・東京国際フォーラム)に出店する予定で、出店場所は真ん中辺りの「C 03-03」です。 下記の作品は以前に紹介したもので、今回出品します。 約30年前、フアランポーン駅の近くのサムヤーン地区にシーフドの小さな店が何軒か集まっていました。その中の一軒の店「ソンブーン」に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Khmel: 大らかな水牛

今日11月2日(日)9:00~16:00まで大江戸骨董市(有楽町・東京国際フォーラム)に出店します。出店場所は中ごろの「C 03-03」です。下記の作品は以前にも紹介しましたもので、今回出品します。 鉄分の多い素地で、無釉の焼締陶で岩石のように堅く焼き締まっています。大らかに作られているようだが、目や、角の後ろにある小さな耳、尻尾や下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Thailand: ステーキ牛

明日11月2日(日)9:00~16:00まで大江戸骨董市(有楽町・東京国際フォーラム)に出店する予定で、出店場所は中ごろの「C 03-03」です。天候が不順ですので開催するかどうか、明日朝のこのブログでご確認ください。 下記の作品は以前に紹介したもので、今回出品します。 シーサッチャナライ陶が出てきたのでアップします。28年くらい前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Thailand :昔むかしのサソリ

左のハサミは消失しているが、右手の大きなハサミを掲げ、毒針の付いた尻尾を振り上げて今にも飛びかかろうと威嚇している青銅のサソリです。背中には背骨のような陽刻線を通し、左右3本ずつの足には鋸歯文を施している。 青銅サソリ バン・チェン 前4世紀~前3世紀 長:11cm 高:4.7cm 幅:7cm
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Khmel: クメールのガマガエル

今日7月18日(金)~20日(日)まで「平和島骨董まつり」に出店しています。10:00~17:00の開店時間、出店場所は前回と同じブース番号「D75b」です。 以前ブログに掲載された品ですが、今回の骨董市に出品するため再登場です。 唇の皺がむき出しの歯のように見え、ひん剥いた目とともになんともすごい顔の表情になっています。陰刻線文も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Thailand: 山間部の魚

本来、口から尻尾にかけて貫通していた孔が、今は途中で土が固く詰まっています。何に使用されたものなのか定かではないが、明器としての省形物だったと思われる。口元に髭が無いことから鯰や鯉ではないが川や沼に生息している魚で、日常によく食べられていたことでしょう。灰白色の細かい素地を手捻りで成形し、鉄絵を素早く描いた魚の置物です。 sold …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Vietnamese: 鉄を被った貴族

鉄絵の作品は取り敢えず今日までで終わります。明日からは青花作品を紹介していきます。 幅広の帽子をかぶり襟を立てた正装の男性貴族と思われる、型抜きで前後を合わせて作った人物の肖形です。大事そうに何か両手で持っている。全体に素朴な作りとなっており、制作年代はもっと上がるかもしれません。 鉄絵人物像 安南 12th-13th cent…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Vietnamese: 髭の異人

今日でブログ開設一年が経ちました。いろいろなご意見や励ましをいただきありがとうございました。毎日のブログ更新は精神的にも肉体的にも辛い時期がありましたが、現在は朝起きて顔を洗うがごとく淡々と、ときにはよく分からず悩んだりしながら更新しております。コレクションの紹介はあと一年(自分でもあとどのくらいあるのかよく分かっていません(^0^;)…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Vietnamese: 騎乗の貴族

長めの衣裳の裾をなびかせた文人のような貴族のような人物がきらびやかな馬具で飾った馬に乗っています。白色の素地で、型打成形して左右を合わせてから尻尾を取り付けている。馬の目や鼻などに鉄を打ってから透明釉を掛けています。頭部や馬の脚先を欠損しています。 sold 白磁騎馬人物 安南 15th-16th century Diameter…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Vietnamese: ユーモラスな虎

灰白色の素地で、手で捻り出されたユーモラスな虎に黄色味の強い灰釉をズブ掛けしています。全体にまるで子供が作ったような奔放さと鋭い目や、耳や手足の巧みさが入り混じっており、陶工の余技として作られたのかもしれません。 sold 灰釉虎 安南 6th-7th century Length:7cm Height:4.3cm
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Burmese: 緑のネズミ

灰白色の素地で型作りのネズミ形肖形物に、きれいな緑色に発色した銅の釉薬がねっとりと掛っている。錫鉛釉の緑釉以外ビルマ陶の作品の中にこのようにハッキリとした銅釉のものは見当たらないので、これまでの窯とは違う窯(地域)で焼成されたのではないかと思われます。リスのようにも見えますが、尻尾はやはりネズミですね。 sold 緑釉ネズミ ビルマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Burmese: 白いイタチ

耳は小さく鼻は大きめで、尻尾は太くて長そう。動物形の残欠なのでイタチかカワウソかハクビシンなのか、定かではありません。灰白色の素地に白っぽい青磁釉が掛っています。色々な釉薬の肖形物がありますが、錫鉛釉の肖形物は仏像以外今まで見たことがありません。 白釉動物 ビルマ 15th-16th century Length:10.8cm
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Burmese: 褐色の犬

灰白色の素地で犬の形に手練りで成形し、褐釉を掛けています。 褐釉犬 ビルマ 15th-16th century Length:9cm
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Burmese: 水牛に乗る人

灰白色の素地に、手捻りで成形された水牛の上に人物を乗せた肖形物で、よく溶けた灰釉が掛っています。 sold 青磁牛と人物 ビルマ 15th-16th century Length:18cm 灰白色の素地に、象の肖形物で、よく溶けた灰釉が掛っています。 sold 灰釉象 ビルマ 15th-16th century Len…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Burmese: 赤い瘤牛

鉄分の多い赤土で瘤牛を手捻り成形し、無釉で焼き上げています。目や口の造作に愛嬌があって、かわいい肖形物となっている。 無釉瘤牛 ビルマ 15th-16th century Length:10cm
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Burmese: 白い水牛

赤土に掛けた白化粧と、水牛の顔や体全体に施した線や点文が異様な迫力を感じます。なにか宗教的な祭り事に使用されたのかもしれません。 白化粧水牛 ビルマ 15th-16th century Length:10cm
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目が無い動物

この肖形の顔は目が無いというより口も鼻も無いノッペラボウです。四足で尻尾がありますが、なんの動物なのか全然分かりません。黒釉が全体に掛っていたのでしょうがほとんど剥落しています。 sold 黒釉動物壷 クメール 12~13世紀 高:7.8cm 長径:9.8cm
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大らかな水牛

鉄分の多い素地で、無釉の焼締陶で岩石のように堅く焼き締まっています。大らかに雑に作られているようで、目や、角の後ろにある小さな耳、尻尾や下腹部のもの、足の爪など結構ポイントは掴んで表現されています。この作品やウサギー③、カエルー②などの一連の焼締陶は同じ産地と年代ではないかと思われ、今後の解明が待たれます。 sold 焼締水牛 クメ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クメール陶の水滴は類例が少ないと思われます。ごく薄い灰釉が掛っていたがほとんど剥落しています。 sold 灰釉亀形水滴 クメール 11~12世紀 高:4cm 長径:6.5cm
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

太目の犬

鉄分の多い素地の無釉の焼締陶に自然釉が一部きれいに掛っています。耳や足、尻尾など丁寧につけられ、愛くるしい太目の犬は飼い犬だったのでしょう、首輪がかけられています。これも施釉陶とは産地が違うように思われます。 焼締犬形壷 クメール 12~13世紀 高:5.3cm 長径:6.5cm
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カエル -②

鉄分の多い素地が焼き締めで堅く焼成され、自然灰が上部に降りかかっています。昨日のカエルー①と比べるとこちらはリアルな表現となっていて、産地や年代の差異が推測されます。 sold 焼締蛙 クメール 年代不詳(13~14世紀?) 高:4cm 横:5.5cm 縦:7.5cm
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more